×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

二重まぶたは本当に魅力なの?

二重まぶたを作りたい、二重まぶたの方法を知りたいという人は多いですね。では二重まぶたは美人の条件でしょうか?いえいえ、一重まぶたの女性でも魅力的な美人は沢山いらっしゃいます。女優さんでも、和服姿の切れ長の一重まぶたでとても魅力的な人も多いです。ですから、二重まぶたが絶対的な美人の条件とはいえないと思います。でも、どうしても二重まぶたにしたいという方にお届けする情報です。
女性にとっては二重まぶたでパッチリした眼はやっぱり魅力的なんですね。「眼は口ほどにものをいう」といいますから。二重まぶたを作るにしても色々な希望があるようです。◆二重まぶたを切開しないで簡単に作りたい。◆永久に二重まぶたにしたい。◆腫れぼったいまぶたをすっきり見せるため、二重まぶたにしたい。◆目の上、目の下の脂肪を取りたいなどですが、美容整形手術なし、整形手術なし、プチ整形手術なしで二重まぶたが作れたら最高ですね。
ソレイユやパチクリン、アイマジなどの二重まぶたグッズや化粧品でくっきりした二重まぶたラインも引ける技もあります。二重まぶたと一重まぶたの違いは脂肪のつき方や筋肉のつき方、ビューラー、まつ毛パーマをすることで、二重まぶたに見せることもできるんですね。

二重 まぶた方法 切開法手術

二重まぶたの方法としては切開法手術と埋没法があります。二重まぶた切開法手術は美容整形外科や皮膚科で広く用いられています。二重にしたいラインに沿ってまぶたを切開して、余分な脂肪や皮膚を取り除いて縫い合わせて二重まぶたを作る方法が切開法手術です。
二重まぶた切開法で作った二重まぶたは一重まぶたに戻りにくく、くっきりとした二重まぶたのラインが作れます。また、二重まぶたのラインに沿って切開していくので、手術跡も目立たないといわれています。
切開法は皮膚のたるみや余分な脂肪も除去するので、目元の悩みも解消ができ、二重まぶた方法として人気があるのです。日本の女性は特に二重まぶたにあこがれる人が多いようです。二重まぶたは目元くっきり、魅力的ですが、手術で二重まぶたを作る場合は手術のメリット・デメリットを熟慮してから決定したいものです。二重まぶたには末広型と平行型があり、日本人に多い末広型二重まぶたは、まぶたの印象がおとなしいイメージです。平行型二重まぶたは、蒙古ヒダがなく、末広型よりパッチリしたもので外国の女性に多いとされています。。日本人は概して二重まぶた希望者が多いとされ、手術で二重まぶたを作る人が多いんですね。

ソフトなまぶたラインを作るには

ソフトでくっきりしたまぶたラインで二重まぶたにする方法のひとつに、埋没法という手術方法があります。美容外科では広く実施されていますが、二重まぶた埋没法手術も技術、抜糸の方法も一昔に比べると格段に進化しています。女性の命ともいえる顔に施術するわけですから更なる技術の進歩が期待されます。二重まぶた埋没法は、体に吸収されない医療用の糸でまぶたの皮膚と眼瞼挙筋をつなげる方法です。
二重まぶた埋没法では糸で留める個所が多いほど、パッチリとした二重まぶたラインを作ることができますが、糸で固定しているだけなので、糸の効果が弱まると二重まぶたラインが消えてしまうこともあるといわれています。二重まぶた埋没法の利点は、希望する二重まぶたのラインが糸の通し方によってコントロールできるところです。二重まぶた埋没法は手術時間も短く、腫れも少なくすみ、簡単に二重まぶたを作ることができますが、一重まぶたに戻ってしまうこともあるようで、別名プチ整形とも呼ばれています。
二重まぶた埋没法はまぶたが腫れぼったくない方やアイプチなどで比較的簡単に二重まぶたラインが作れる人に適していますが、皮膚のたるみや厚みのある方には向いていないようです。

Copyright © 2014 二重 まぶた方法